うしくんが感じたトリックスターMに関する運営NCソフトへの不満点

悲しいことだが

トリックスターMが雲行きが怪しくなっている間に、
NCソフトのブレイドアンドソウルⅡのサービス提供日程と
思われる日付が明らかになった。これはまさかの
トリックスターMがブレイドアンドソウルⅡより遅れて
サービス提供されるという可能性が強くなってきた。
また韓国のNAVERニュースでも、まるでトリックスターM
よりもブレイドアンドソウルⅡのほうが、
注目がいってしまってる雰囲気ですらある。

まあうしくんもブレイドアンドソウルは遊んだことはあるけれど、
このままだとトリックスターMはブレイドアンドソウルⅡの
波に押され、ひっそりとサービス提供されてしまう可能性も否定できない
上に、この流れを見てみるとNCソフト側は単に

サービス提供だけしていて開発はエントリーブに丸投げ

そう、NCソフトはあくまでサービス提供側の、
テレビ番組で言うスポンサー的な役割。
そして番組時代はエントリーブがやってるような感じ。

ようするにトリックスターMはこの流れを見てみると
NCソフトの子会社のエントリーブに開発を丸投げしていて、
自分たちはせっせとブレイドアンドソウルⅡに移行しているのでは?

ともみえてきた。ある記事によれば、
エントリーブは去年秋から残業体制に入っている。
そして最近の情報によれば韓国における新型コロナウィルスの
影響もあり開発が遅れている…とのこと。

つまり僕がいいたいことといえば、
トリックスターMは名目上NCソフトが運営し、
サービス提供をしていく形だが、企画を除くとほぼ中身は子会社の
エントリーブソフトだけでやっている。

という感じ。

そしてNCソフトからみたトリックスターは

トリックスターは完成されていないゲーム扱いで、
可愛いリネージュということにしておけば、とりあえず
名目上はNCソフトのゲームになる。

また、まだトリックスターMが完成していないのに
皮肉るかのようにブレイドアンドソウルⅡなどの
NCソフトの代表ゲームの次期作を横に並べさせる。

アタリマエのことだが、
エントリーブソフトの規模は想像できる通り、
NCソフトよりは規模がいくらか小さい事は、
子会社である以上、当然のこと。

個人的にはNCソフト側が

可愛いリネージュを目指す!
PCでの復活要望があったがスマホにしてね。(PURPLEは例外)
秋から残業してでも作ってくださいね。

などの多すぎる注文をエントリーブ側に押し付けたようにも
見えちゃうのだが、個人的にはもし自分が
韓国NCソフト側の人間だったとしたら数名から数十人規模の開発チームを
送り出し、アドバイスをし、どこをどうしたら
可愛いリネージュになるかどうかを提案し、
ともに協力すると思う。しかし、この流れを見てみると
とてもそうは思えないのだが。

エントリーブ可愛そう

PKのない可愛らしい世界観を
リネージュという余計な要素を要求され、
挙句の果てに秋から残業体制、
そして最終的にはアプリアイコンにはエントリーブ
のクレジットではなく、NC SOFTになるであろうとされる
宿命はもう涙なしでは語れない。

以下、怒りの二者会談

うしくん

エントリーブが報われる日はいつになるのだろうか?

どらさん

NCSOFTって傲慢だなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。