うしくんのTwitterあります。

「韓国トリックスターM」敵対カンパニー出現から壊滅まで

サーバー合併とそれに伴い、
運営側が全プレイヤーにキャラクター及びサーバー移動チケットを配布した
事によりだいぶ現状が変動したので、報告します。

1.当日本人カンパニーを敵視していたカンパニーについて 経緯

キャラクター及びワールド移動チケットが最初に登場して暫くした
後にドンカバリア01サーバーにて「ヤンボン業者」を名乗る、
キャラクター移転を経てドンカバリア01に移動してきたカンパニー
から一方的に「敵対カンパニー」として当日本人カンパニーが
目の敵にされてしまった事により、当カンパニーメンバーを殺害、
(プレイヤーキル行為)等の多大なる損害とゲーム上の進行妨害
等を受け、結果当日本人カンパニーが壊滅的状態になってしまいました。

当カンパニーとしては直接該当カンパニーである
「ヤンボン業者」を相互で敵対登録して「ヤンボン業者」と類似
カンパニーとの混同を避けるなどの対応をし、また
「ヤンボン業者」との敵対相手の最大手である「ドラゴンボール」
カンパニーと一部のメンバーが意思疎通を図るなどの対策を取り
ましたが、人数や戦闘力的にも「ヤンボン業者」のほうが勢力的に
勢いがあり、結局のところ「ヤンボン業者」の妨害により当カンパニー
は壊滅的被害を受けることになったのでした。

2.敵対カンパニー「ヤンボン業者」

当日本人カンパニーを一方的に敵対として目の敵扱いとし
ていた悪質カンパニーである「ヤンボン業者」は、
日本人カンパニーの一部と意思疎通をしていた当時最大手
カンパニーだった「ドラゴンボール」カンパニーと大きな
争いを行っていた他、無関係な第三者カンパニーにも
喧嘩を仕掛けて、やがてドンカバリア01サーバーのボス及び
サーバーそのものを我が物状態にし、いわば独裁状態でした。

3.締め出される「ヤンボン業者」カンパニー

しかし、「ヤンボン業者」の天下もそう長くは続かず、
皮肉にも「上には上がある」という言葉があるように、
ワールド共闘エリアにおいて「ヤンボン業者」の悪態
に反発をした「ヤンボン業者」よりもずっと強い「他のサーバーの
カンパニー」のメンバーにより全員駆逐され、あるいはパトロール
された後に撃破されるなどの様々な事が発生し、結果的に
「ヤンボン業者」は「中途半端な廃人チーム・ボスを独占し、
善良なドンカバリア01サーバーのユーザーを殺害(PK)しまくってる
下衆集団でそんな奴らに強者などいない」と評され、
気がつくとドンカバリアワールドそのものから締め出されたのでした。

4.キャラクター及びワールド移転チケット配布により

そしてサーバー合併を機会に、
NC SOFT運営がプレイヤー全員にキャラクター及びワールド移転
チケットを配布したことにより、「ヤンボン業者」と該当
カンパニーと争っていた「ドラゴンボール」カンパニーは
「ドンカバリア01から姿を消す」のでした。

2022/05/05追記
ドラゴンボールカンパニーはメンバーを減らしたものの、
壊滅状態から立ち直った模様です。
またヤンボン業者に関しては殆ど死滅状態になりました。


ただ暫くの間は「ヤンボン業者の残党組」と
思われるプレイヤーが暴れている可能性があります。

5.最後に

当カンパニーの経緯というより、
敵対カンパニーとの関係は以上です。
長々とした文面となってしまいましたが、
最後まで読んでくださってありがとうございました。