トリックスターM理想サービス展開図

トリックスターMの理想的サービス展開図を書いてみたので、
よかったら見てほしい。というより見てほしい。

エントリーブが日本贔屓開発っていう話もあるので、
以下の順番でリリースするのが理想的かもしれない。

サービス展開理想図

韓国→日本→中華圏(できれば中国含む)→英語圏など

韓国の次に日本が優先される理由

エントリーブさん自体が日本好き開発であるため。
特に召喚師が韓国国内撤退して日本でそこそこ生きていたのは
やはりそうゆう理由があるからなのでは?

次点で中華圏が優先される理由

中華圏の人たちは韓国のモバイルゲームや日本のモバイルゲーム
に平気で上がりこんでくる人が多い(英語圏以上)
なので他社ゲームの話になるがゆめいろファンタジーは
韓国はもちろん、日本鯖もチャイナタウンになってしまった。
なのでそのようなリスクを考えると中華圏にもちゃんと
トリックスターを出すべきだと思われる。
さもなければ中国語ができない国内の韓国人や、
中国語が理解できない日本人からも見放されてしまう。

英語圏は厳しい戦いになる

最後に英語圏は厳しい戦いになると予想される。
理由としては非公式サーバーが3つ(そのうち4)
になるとされていてやっぱり心苦しいがそうゆうところと
比較されがちになる。

purpleの正式版がでないと厳しい?

最後に余談になるが、
韓国でBETA版のpurpleというアンドロイド環境ツール
(PCでNCソフトのモバイルゲームを遊ぶソフト)
が正式に移行できない場合もしかすると悲惨な目に
なるかもしれないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。