カバリア島 タバスコ火山 テチチ火山 etc

 

カバリア島

「トリックスター」ゲームが繰り広げられている巨大な島。
本来小さな観光村程度だった規模の島が火山爆発で巨大な規模の島になる。

島の南は
●典型的な休養地の雰囲気で
暖かい天気とエメラルド色の海へ
代表的な景観を持っており、
北側は最近の活動で島を拡張した

タバスコ火山

過去に活動したと考えられるテチ火山地域で、
代表される火山地形だ。

カバリア島が全世界的に有名になったのは、
タバスコ火山の噴火もありますが、
それによって現れた島の海中にあった部分が
古代遺跡に覆われていたことと、
古代遺跡が伝説の
古代アルテオ帝国の遺跡と推定されたためである。

島全体

現在、島全体は「トリックスター」ゲームのために
ギガンティックカンパニーで購入し、
ギガンティックカンパニーの管理を受ける私有地である。
島の名前も、島の購入を決定した会長のドン·カヴァリエに因んで名づけられた。 地元の人々は「トリックスター」によって雇用創出と産業が活性化され歓迎しているが、考古学界も遺跡に対する発掘支援に好意的な立場を示している。
/ 現在、カバラ島はコラビーチ、デザート海岸に至る休養地兼初歩冒険と地域とカバラ遺跡地に代表される遺跡観光地、ウップス埠頭とゴーストブルーの昔の港地域、沼地とテチ火山、タバスコ火山の低開発自然地帯に分かれている。 また、追加の火山活動で浮上した地域である蜃気楼島が付属島として存在する。

そして

[アルテオ帝国の火山]

: アルテラス火山

アルテオ帝国を象徴する巨大火山、テチ火山とタバスコ火山はこの火山の一部分に過ぎない。 噴火を通じてカバラ島を作ったテチチ、タバスコ火山とは違い、過去のアルテオ帝国の大部分の地と共に海中に沈んでいる。 頂上の噴火口にはブルカンフェニックス、中腹にはドラゴンテールの巣がある。

[テチチ火山]

大噴火を通じて旧カバラ島地域を隆起させ、周囲の多数の村と人々を火山灰で埋もれさせたアルテラス火山の一部分。 噴火の原因は沼地の霊物テンタリオンとタバスコの霊物スパイシードラゴンの激突による衝撃で、守護者フレシアスネークがすべての力を注ぎ込んで事態を収拾し、沈静化させた。 テチ火山地域とは違い、沼地帯の村が無事なのはフレシア·スネークの犠牲のおかげだ。
この時、埋もれたテチ地域の村の村長ソーキは強力なモンスターになってしまった。

[タバスコ火山]

最も最近噴火し、現在のカバラ島の地形を作った。 タバスコ火山噴火による隆起によりカバラ島地域は古代アルテオ帝国が位置していたという心証をさらに固めるようになった。 古く噴火して火山灰地域となったテチ地域とは異なり、まだ活動が止まっていない活火山地域だ。 大爆発によって過去フレシアスネークによる封印が弱まりスパイシードラゴンの活動が感知された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。