ポセイドン アルテオ帝国

以下、和訳内容

現在の「海の神」ゼウスをはじめとする
神々がタイタンとの発言戦争で勝利した後、
「海の神」となり、以前は「海の神」
ネレウスの娘ネレイド·アンフィトリテと結婚し、
海全域のすべての権利を持つことになった。
ゼウスに続く名実共に神々の異人者。

エンキクラトゥスを探して海に出た
ネペトリに惚れて妻に迎え、
アルテオ帝国とポセイドンの祝福を作った張本人だ。
ネペトリはアルテオ最後の戦争が発生するまで、
一生ポセイドンの保護の下にあったという
「ポセイドンの祝福とネペトリを
守護する16人の守護者」を任命したのも、
やはりポセイドンだった。実はゼウスに劣らない
女性遍歴と明かし症を誇ったが、
ネペトリに対してはいつも尊重し、心から大切にしていた。

ネペトリのためにポセイドンが
建設した理想郷の海の深いところに建設された
古代帝国として伝説として伝えられており、
現在、蜃気楼島とカバラ島の一部がその領域
帝国の起源が起源であるだけに、
ポセイドンとネペトリに仕え、
ポセイドンの神殿にあるネペトリは
生きた神に等しい崇拝の対象となった。
帝国を構成する4種の指導者の間で、
投票によって皇帝を治める帝国形態だが、
実質的な国家の最重要権力はネペトリであり、
ネペトリは帝国と帝国民を自分の
子供のように大切にした。
ポセイドンも公務がない時はアルテオ帝国に
滞在したため、神が起居する神が建設した
帝国は理想的な姿で表われ、
ネペトリの死で帝国が滅亡するまで
当代最高の水準を誇った。
現代でもアルテオ帝国は短期間で
途方もない全盛期を謳歌して消えた
「伝説の中の国家」として文現象が発展した
文物と制度は、歴史学界と
考古学界の夢に相違ない。
カバラ島が浮上し、アルテオ帝国の遺跡と推定されると、
学界が大きな関心を持つようになったのはこのためだ。

アルテオ帝国はビスティアン、ダークティラン、
ポールカン、ラの4つの種族で構成され、
4つの種族はそれぞれ軍事、
内政商業、文化の分野を知り、帝国を支えた。
帝国の皇帝は4種族の代表が会議と
投票を経て選出され、帝国の運命を総括した。
もちろんポセイドンがネペトリのために建てた国だけに、
皇帝もポセイドンとネペトリに仕える立場だった。
アルテオ帝国はネペトリの死後, 帝国を維持する
理由がなくなったポセイドンが帝国の解体を
宣言するまで栄えた 伝わる、そして帝国の象徴である
巨大なハルコンの彫刻像、ポセイドンの祝福に対する伝説を乗り越えた。

最後に

例のごとく翻訳感謝であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。